「農家のごちそういただきます」

「海のもの」石垣の美しい海から獲れた海藻。

  • 太モズク

    太モズク

    太もずくは本土のもずくと違って一本一本が太く歯ごたえがあります。特に天然物はヌルヌル成分のフコイダンが多いと言うことで有名で、最近では健康食品として注目を集めています。

  • スーナ

    スーナ

    スーナは形がサンゴに似ていることからサンゴノリともいわれています。食物繊維が豊富でミネラルを多く含み、ヘルシー食品と言われダイエットにも最適です。

  • アーサ

    アーサ

    正式名称はヒトエグサといい、沖縄では冬から春にかけてが旬です。植物繊維が豊富で、カルシウム、カロチンなど、大切な栄養素が多く含まれています。

  • ウコン

    ウコン

    ウコンは、健康維持に役立つとされるクルクミンを特に豊富に含んでいます。食用(カレー粉やたくあんなどの着色料の原料)として使われるほか、衣類の染料などにも利用されています。

  • 島とうがらし

    島とうがらし

    沖縄で栽培されているキダチトウガラシの品種。別名コーレーグース。泡盛に漬けてコーレーグースにし、沖縄そばやチャンプルーや他の料理にも幅広く使われている沖縄ではかかせない香辛料です。

  • ヒバーチ

    ヒバーチ

    「ヒバーチ」とは島のコショウという意味で、古くから石垣島で自生しています。南国らしくトロピカルで少し甘い香りがし、島の人々には料理の香辛料として愛用されています。

海山のある石垣島・星野とは

1950年(昭和25年)に沖縄本島の北部を中心とした移民の方々によって開拓された石垣島北東の土地。背景にそびえる山々に囲まれ海から運ばれる潮風を浴びながら育つ、良質な農産物が収穫されています。星野の名は地上の住所には存在せず、この土地の通称。地元では実際の住所の「桃里」よりも「星野」という名で愛されています。

星野の名前の由来は、開拓当時移民の受け入れでお世話になった「星さん/吉野さん」の両者から文字をいただいて根付いたと言われています。

また星野では、1771年(明和8年)におこった明和の大津波にまつわる人魚伝説が語り継がれています。